健康と快適さと…

(2021年03月11日)

こんにちは!!

今日は東日本の震災より

ちょうど10年

比較的被害の少ない地域ではありましたが

千葉県柏市で震度5強

あの時の揺れと恐怖はいまだに忘れる事ができません

 

私も建築士の端くれとして

少しでも

地震に強い建物を広めていく事を目指し

自分のポジションで頑張って行きます!!

 

さて

そろそろワンズキューボの新築が始まり

慌ただしくなってきております

他にも新築のお問合せがちょこちょこ続いており

嬉しい悲鳴であります!!

そこで今回は

当社で毎月発行している

ニュースレター「ゆたか」で書きました内容を

再編集してお届けします!!

(手抜きではありません…(汗))

 

********************

床

 

 

 

 

 

さて、お伝えしていた通り、昨年末最後の土日で、注文住宅の現場完成見学会を行いました。

二日間ともお天気が良かったので、良好な結果にはなったのですが、

初日のお昼の時点での室温が1階は20℃、2階は22℃程度。

見学会は18時頃終了、シャッターを全て閉めて帰り、翌日9時に現場に行くと、

1階は19℃、2階は熱が溜まったのか22℃のまま、

もちろんこの間暖房は付けておりません、無暖房でもこの室温です!

正直、見学会開催中の2階は暑いくらいだったので、2階の窓を少し開けてるくらいでした!!

まぁ、これは「まぐれ」ではありません。

過去のお客様には申し訳なく思う事もありますが、

当社は1棟やる毎に設計も施工も毎回進化しており、

最新の住宅が当社の最高性能の住宅となります。

これは、規格住宅のワンズキューボでも少しづつですが性能は向上してます。

事前の設計の段階で性能計算を行い、目標を立て、現場で木村棟梁と相談し、

完成したら色々チェックをし、データを取って結果を判断する、

という事を毎回繰り返す事で、精度がどんどん向上していきます。

私が宮崎建設に入社して18年が経ちましたが、

そのうち15年くらいは「暖かい家をつくる!」という事に注力してきました。

真冬で天気の良い日に無暖房で室温20℃以上あるという事は何より快適!。

木造在来工法で当社の仕様を鑑みた時に、性能的には一つの到達点に行きついたかと思います。

…なのですが…

岩前教授 グラフ

 

 

 

 

 

 

 

上記の表は私の様な「快適性能」を追求する設計者には有名なグラフで、

近畿大学の岩前教授という方が2万人以上を対象に調査したもので、

簡単に説明すると、断熱性能が低い家から断熱性能が高い家に建替えた時に、

いろんな疾患が改善しましたよ!というグラフで、

建物の断熱性能と健康の関係性を示しています。

ここに出ている「断熱グレード5」という性能から読み解くと、

細かい説明は省きますが「最低室温を15℃以上だと健康な状態を維持できそうだ」

という事が分かりました。うちの建物は最近のデータでいくと、

前日22時から翌朝7時までの温度低下が2~3℃程度なので、

充分15℃以上というのは達成できそうです!!

自信をもって「快適で健康な家」と言いたいのですが、

昨年末の見学会での事、当社奥村が「リビングは暖かいけど廊下の床が冷たい…💦」

と言い出し『そんなこたぁねぇだろぅ😤』と心の声を漏らしながら

「表面温度計」で測ってみると、

室温20℃の時、日の当たるリビングの床温度は20℃に対し、

日の当たらない廊下の床温度は18℃でした。

設計者のエゴからすると『18℃もあれば充分あったかいだろうYO~』

と言いたいのですが、冷たいと感じる人がいるのは事実。

当社体験館S-houseで打合せの際もよく「北側キッチンの床が冷たい」

と言われていた事もあるので、この度チョッと調べてみました所

「アメリカ空調学会」という所が調査した「頭と足下の温度差と不快さの関係」

を調査したグラフが見つかりました。

*新建新聞社「あたらしい家づくりの教科書」より抜粋

頭と足元の温度差

 

 

 

 

 

 

 

ここには「推奨範囲~3℃」と出ており、

温度差2℃だと不快に感じる人は3%にも満たない事になります。

『それ見ろ!大丈夫じゃね~か~』と思いつつも、

何度も言いますが冷たいと感じる人がいるのは事実。

それも奥村だけでなく、当社お施主様でもあるパートスタッフKさんもそんな事言うし、

昨年お引渡しした「世界基準の断熱性能の家」に住む奥様も

「床暖かいですか?」と聞くと首を傾げられ

「床暖あった方が暖かかった」と言われる始末…。

『ぐむむむっ…』という思いを押し殺し整理してみると

「暖房設備を一切使わずに室温と床表面温度の差が0~3℃に納まっているのは素晴らしい断熱性能であるというのは事実。

そしてデータとしても不快と感じる人は数パーセント以内である」

しかし、それでも床が冷たいと感じる人が居るのも事実なので、

これは「相対温度が3℃以内云々という事ではなく、

絶対温度として床の表面温度が18℃以下になると冷たいと感じる人が居る」

という事になります…………。。。。。

(それともアメリカ人と日本人の差か?)
さて…この問題をどう解決するのか?

先にも書きましたが、

今の仕様のままでは性能的には限界に近づいてきてます…。

もっと精度を上げていくか?

仕様を変えるか?

設備で解消するのか?

それが私の今年の課題です!!

 

 

 

 

 

シュッ〆