リノベーション工事 流山市F様邸 仕上げ工事

(2018年04月27日)

みなさんこんにちは、オクムラです!

流山市F様邸、昨日無事お引渡しが終了致しました。

 

 

工事のブログが途中でしたので、その続きから・・・

 

さて

流山市F様邸の現場では、大工さんの仕事が一時終了。

仕上げ工事に入っていきます。

クロス屋さん・左官屋さん・塗装屋さん・

設備屋さんの出番です!

 

ここの現場は、一部塗り壁でそれ以外は紙クロス・ビニールクロスを

使い分けているので、クロス屋さん・左官屋さん共に下地処理をしてから

クロスを張ったり、塗り壁材を塗ったりしていきます。

重要な作業がこの下地処理です。

ボ-ドの継目やビス打ち部分、表面全体の処理になり

手間が掛かりますが、仕上げに大きく影響してくるので

しっかり行っていきます!!

 

IMGP7954

 

 

 

 

 

 

IMGP7957

 

 

 

 

 

 

(下地処理)

 

 

P1080838

 

 

 

 

 

 

IMGP7987

 

 

 

 

 

 

IMGP7993

 

 

 

 

 

 

 

 

IMGP8028

 

 

 

 

 

 

IMGP8024

 

 

 

 

 

 

(左官工事)

 

 

P1080840

 

 

 

 

 

 

IMGP8009

 

 

 

 

 

 

IMGP8018

 

 

 

 

 

 

(クロス工事)

 

 

紙クロスを張り終わったら塗装屋さんの登場!!

紙クロス(オガファーザー)の上にデュブロンを塗っていきます。

このデュブロンは天然成分100%の水性塗料。

石灰を主成分とした、漆喰のような質感を持つ

真っ白な自然塗料なんですよー。

オガファーザー+デュブロンはセットで使用します。

IMGP8023

 

 

 

 

 

 

 

 

設備屋さん達もそれぞれ作業していきます。

IMGP8051

 

 

 

 

 

 

 

IMGP8070

 

 

 

 

 

 

 

 

IMGP8045

 

 

 

 

 

 

IMGP8047

 

 

 

 

 

 

 

仕上げ工事も予定通り進み、

最後大工さんが建具取付や細かい作業をして終了です。

 

そしてーー

最後の最後は、私たちの出番!!

クリーニング作業&最終チェックを行い

お引渡しとなります。