高性能樹脂サッシ

世界トップクラスの断熱性能を持つサッシで健康・快適な生活を

sash-01

通風・採光・眺望など窓には様々な機能・性能が求められますが、「断熱性能」も重要な要素の一つです。
上の図を見ていただくとお分かりの通り、従来の窓では、夏は外の熱気の74%が窓から侵入し、冬は室内の暖かい空気の52%が窓から逃げていきます。つまり、住宅の快適・断熱性能は窓によって左右されると言っても過言ではありません。窓の選択一つで室内環境は大きく変わります。

日本は断熱性能で世界基準より大きく遅れをとっていると言われていますが、その顕著な部位が「窓」であり、環境先進国のドイツでは樹脂窓の普及率は60%を超えています。樹脂(PVC 素材)はアルミと比較し熱の伝わりやすさが1400分の1 しかありません。現在の日本では枠部分がアルミ製のアルミサッシがまだまだ一般的ですが、この枠の部分が樹脂製なのが樹脂サッシであり、ガラス部分も二重・三重と高性能な窓が流通しつつあります。住宅は一旦建設すれば数十年は住み続けることになります。宮崎建設では最新の高性能サッシを先取りし、窓の使い勝手・取付ける方角等を充分検討し、一年を通して快適な室内環境を実現します。


高性能樹脂窓のメリット
  • ヒートショック熱中症のリスクを低減
  • 室内の温度差を緩和し体感温度アップ
  • 結露を防止しカビやダニの発生を抑制
  • 冷暖房光熱費削減で省エネルギー



高性能樹脂窓のメリット


日射遮蔽型

関連記事