リフォームで暖かく!!<エリア断熱>

(2018年02月25日)

今月来月

勝手に「あったかい家キャンペーン中!」の宮崎建設

 

さて今回は

「リフォームで暖かく!!」するという事について

チョッとお話します!

まず

「うちは家が寒いけど新築は予算的に難しいから…」

「寒い家は当たり前だよ…」

とお考えの方

我々はプロなので一度ご相談下さい!!

お客様のご要望やご予算に合わせて

なんとか出来るかもしれません!!

そのヒントは(今日覚えて欲しいこと)

「エリア断熱」です!!

 

「うちの家は寒いから…」

と言っても家全体を断熱改修する必要はありません!

家の中で過ごす時間が多い部屋だけ

暖かくする事は可能です!!

それがエリア断熱の考え方です!

2階に寝室があるというお宅だと

スペースが許せば

これを機会に寝室を1階に移し

1階だけ断熱改修すれば良いのです!!

この場合2階の改修は諦めます

つまり

「暖かくする部屋とそのままの部屋をはっきり分ける」

ということです

諦めると言うとネガティブな感じもしますが

普段いない部屋や

もう使ってない部屋までお金を掛ける必要は無いですよね?

それがエリア断熱!

うちの会社では年間数件は工事の実績があります!!

 

実際の図面だとお客様の個人情報に関わるので

今回はある勉強会で使用した図面で説明いたします

まず現在の状態がこちら

リフォームで暖かく1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少々大きい建物ですが

もう2階は使用していないとの事で

1階のよく使用する部屋

・LDK

・寝室

・トイレと浴室

のみ断熱改修します

私のプランの場合

費用削減のため

玄関部・玄関ホールも除外します

 

変更後のプランがこちら

リフォームで暖かく2

 

 

 

 

 

赤の斜線で囲んでいる部分が

今回断熱改修する部分です

普段過ごす時間が多い部屋だけを確実に暖かくする事が出来

(水廻りを含むのでヒートショック対策も行う)

なおかつ

費用を抑える事が出来ます!!

 

補足の説明ですが…

数年前から量産ハウスメーカー等で

お子さんが巣立ったご夫婦向けに

「減築」

という言葉でプロモーションし

「2階建てを平屋にしませんか?」

みたいな事をやっておりますが

これはまるっきり新築になってしまうので

それなりに費用が掛かります

それに

建物解体の部分が増えてしまうと

「新しく作り変える費用」

の他に

「解体費用とその処分費」

に多くの費用を割いてしまいます

そこで

「エリア断熱」は

「的を絞ってそこに費用を集中させる」

という考え方なのです

 

築年数によっては

断熱改修と併せて

「耐震改修」を強くお勧めする場合もありますが

ある意味

割り切りをし

「必要な部分に必要な分だけ費用を掛ける」

というリフォーム(リノベーション)も可能です!!

 

日本人は「我慢強い」と言われているので

「寒い家でも仕方ない…」

と思い込んでる方もいるかもしれませんが

暖かい家は何よりも代えがたいと

私は思いますし

寒い冬でも

健康で快適に活発に暮らせます!!

 

ご予算に合わせてやり方はあります!!

是非我慢せずに

一度プロに相談する事をお勧めします!!

 

ご興味がある方は

あわせて過去の関連ブログもご覧下さい!!

2/1 あたたかい家できます!

2/3 トリプルガラスサッシを標準とします!

2/6 依頼先で後悔するという事…

2/18 あったかい家を作るには?

2/21 夜の室内温度は?

 

それと

3/17(土)恒例になりました

「~はじめてでも失敗しない~ 家創り 1stステップセミナー」

開催致します!!

 

 

 

 

 

 

シュッ〆