冬暖かい家をつくるには…

(2022年08月09日)

お盆休み前の今日明日

連続投稿の予定です!!

まず今日は冬編

当社ニュースレターからの再編集です!!

 

********************

セルロースファイバー

 

 

 

 

 

<上の写真は当社が使用しているセルロースファイバーの断熱材です>

 

 

 

冬暖かい家をつくるには…

簡単に言うと

よく住宅雑誌や書籍・ウェブサイトにも出ているように

「高気密・高断熱」の家をつくる事になります

「高断熱高気密=冬快適」にする為には

一言で言ってしまうと「仕様と施工」なんです!!

では詳しく説明していくと

「仕様」とは「何を使うか」なんですよね👍

「どんな断熱材を何cmの厚さで使うか」

「どういう素材のサッシをどこに、どんな大きさで、どの種類のものを使うか」

で決まります

 

次に「施工」とは

少々突っ込んで言うと「工事の精度」なんですよね👍

例えばうちでお勧めする断熱材

「セルロースファイバー」ですが

「これを使っていれば大丈夫!!」と言う訳ではなく

各部位での適切な厚さや

やはり今まで培ってきた施工のノウハウがあります!!

 

当社体験館Sハウスや現場見学会に来た方にはその都度言ってますが

「断熱材のすき間が5%出来ると断熱性能が50%落ちる」という残念な事実…

繰り返し言いますが

「これを使ってるから大丈夫暖かくなります!」

なんて事は絶対にありません!!

結局はちゃんと施工(工事)されているのかどうか?

と言うのが大事なんですね!!

量産ハウスメーカーのチラシを見ると

「〇〇断熱で暖か!」なんて書いてますが

メーカーの家が寒いのはこれが理由です…

要は施工がダメなんですね(言っちゃった)

 

今回のまとめですが

冬の性能は「仕様と施工」と言いましたがこれは

「どこの会社に工事を依頼するか?」で既に決まっちゃってるんですよね~

なぜなら

それぞれの会社によって仕様が決まっているからです

でも

「この仕様でやってと言えばどこの会社でも同じでしょ?」

と思うかもしれませんが

要は「施工が命」

不慣れな所に頼んでも

同じモノを使っていたとしても同じ結果にはならないという訳です!!

 

なんと

家を建てる前に冬の性能が決まっちゃってるというこの現実…

恐ろしい…

施工会社選びは慎重に!!

 

では

次回は夏の性能をズバッと行きますよ!!

 

************************

8/27(土)13:30~17:00

家創りセミナー開催予定‼

少人数制なので、お子様も大歓迎‼

お時間がある方はご連絡ください。

【8/27(土)家創り1stステップセミナー 】

************************

<ワンズキューボ5周年記念キャンペーンやってます>

************************

 

 

 

 

 

シュッ〆