松戸市ワンズキューボ C様邸 基礎工事③

(2021年06月08日)

さて、型枠が外れたら

床下部分に給水・給湯・排水の

先行配管をおこないます。

点検やメンテナンスがしやすいように

基礎の上に配管を設置していきます。

23

 

 

 

 

 

 

12

 

 

 

 

 

 

次は土台設置です。

基礎の上に通気部材の基礎パッキンを敷き

その上に土台を設置していきます。

13

 

 

 

 

 

 

15

 

 

 

 

 

 

16

 

 

 

 

 

 

17

 

 

 

 

 

 

19

 

 

 

 

 

 

20

 

 

 

 

 

 

断熱材を大引間に充填していきます。

隙間なく充填されることで

断熱材の性能を発揮します。

最後に気密テープを貼り

しっかりと気密性を確保し

床合板を敷いたら終了です。

 

足場を架け、いよいよ建て方となります。

IMGP6713