住宅と健康の関係とは…

(2016年12月15日)

前回は

家を建てる前に性能が分かると得する?

 

というお話をしましたが

今回は「住宅と健康との関係性」のお話

 

 

高性能な住宅にすると

夏涼しく冬暖かくなるので体感的にも快適ですよね!

快適だから健康というと少々曖昧ですが

室温と健康の関係性が有るといった方が正確ですかね?

それもどちらかというと冬寒い時の室内温度が重要です!

 

まずはこちらをご覧下さい↓

ベターリビングという団体の「健康長寿住宅エビデンス取得委員会」

というところが発行している冊子です

http://www.cbl.or.jp/slc/file/leaflet_1411.pdf

住宅と健康の関係

 

 

 

 

 

 

 

住宅と健康の関係2

 

 

 

 

 

 

建築業者が「健康」を語ると「怪しい…」と思われる方も

いらっしゃるかと思いますので

まずは専門家の方の意見も見てみて下さい

最近は「住宅 健康」と検索すると

様々なページが出てきます

それと

この本は一般の方にも分かり易く説明しているのでオススメです!

「あたらしい家づくりの教科書」(新建新聞社)

 

 

冬という訳ではない国もあるでしょうが

欧米の国や州では

住宅の室温の下限が義務付けされている所も多々あるようです

イメージとしては

「冬の室温が18℃を下回る家を建てると違反です!」

みたいなことです

日本でも遅ればせながら

まだ法制化というところまではいきませんが

徐々にそういうデータが揃いつつある状況です

たとえば高性能住宅に住むと…

・手足の冷えが改善

・ヒートショックのリスクの軽減

・ぜんそくの改善

・アトピー性皮膚炎の改善

のような調査結果も出てきています

疾患の症状が改善されれば医療費も減る訳です

前回お話した

建物の30年間のコストに加え

住む家によって医療費にも差が出てくることになります!!

 

どうです?

デザインや間取りだけではなく

「住宅の性能」

が大事になりつつある時代になってきた訳です

 

詳しいお話を聞きたい方は是非ご相談下さい!!

 

あっ

それと

年内の土・日週末

当社で今年最後のイベントを行いますので

お時間がある方は是非お越し下さい!!

 

 

 

 

 

シュッ〆