長期優良住宅仕様の「ワンズキューボ」

(2021年11月09日)

●長期優良住宅とは・・・

「長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅」のことです。

従来の「つくっては壊す」スクラップ&ビルド型の社会から、

「いいものをつくって、きちんと手入れをして、長く大切に使う」

ストック活用型の社会への転換を目的として、

平成21年(2009年)より認定制度が開始されました。

 

 

認定を受けるには、

耐震性、劣化対策、省エネルギー対策、維持管理対策など、

さまざまな基準をクリアする必要がありますが、

ワンズキューボは全ての基準で最高レベルの性能を

満たしている建物です‼

 

 

「長く安心して住むことのできる家」

 

 11

 

 

 

 

 

 

 

 

①地震に強い家づくり

 ・・・耐震等級3(最高等級)

極めて稀に発生する地震に対し、

損傷のレベルの低減をはかるため、

耐震性に優れたJWOOD工法を採用し、

地震に強い家づくりを実現しています。

 

 

②長持ちする家づくり

 ・・・劣化対策等級3(最高等級)

数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できるように、

構造材の劣化対策が必要な部位に

耐久性に優れた乾式注入材JWOOD EXシリーズを使用して、

長持ちする家づくりを実現しています。

 

 

③環境・家庭にやさしい家づくり

 ・・・省エネ対策等級4(最高等級)

住まいの省エネルギー性を配慮し、

サッシや断熱材等は一定の性能を確保したものを使用しています。

これにより、環境にも家計にもやさしい家づくりを実現しています。

 

 

④メンテナンスしやすい家づくり

 ・・・維持管理対策等級3(最高等級)

構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、

清掃・点検・修繕・更新などの維持管理更新が容易に行えるように配慮し、

メンテナンスしやすい家づくりが実現しています。

 

 

 

 

 

 

「家創りセミナー開催します‼」

お時間のある方は、是非お越しください(^-^)

↓↓↓

【家創り 1stステップセミナー】

11/20(土)13:30~17:00