松戸市M様邸 基礎工事編③

(2020年09月01日)

次は基礎の型枠工事です。

注文住宅で採用するのは

型枠+基礎断熱を一回で行える

「タイトモールド工法」です‼

 

基礎の両側を断熱材でサンドするため、

外気温に対して高い断熱性を発揮します。

また、従来の鋼製基礎型枠と違い

コンクリート打設後の型枠の

取り外しが必要ないので

全体の工期短縮になります。

 

詳細はコチラのタイトモールドのHPをご覧ください

 

 

型枠を組み終えると

アンカーボルト設置、コンクリート打設、土台敷き…と

順番に作業していきます。

 

1-1

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

3 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

5-1

 

 

 

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

 

 

7

 

 

 

 

 

 

 

 

8

 

 

 

 

 

 

 

 

9

 

 

 

 

 

 

10

 

 

 

 

 

 

 

 

11

 

 

 

 

 

 

IMGP4255

 

 

 

 

 

 

 

 

床の下地まで施工が終わりました。

足場を立て

いよいよ建て方です‼