規格住宅のカスタムver.仕様 「断熱」続き

(2018年07月16日)

断熱性能以外にも

様々な特徴がある「セルロースファイバー」。

それぞれの特徴をご紹介します。

 

<安全性>

セルロースファイバーは、

ホルムアルデヒド・VOCの放散試験において、

無垢の木材と同様の対象外で、

(財)建材試験センターにおいて安全性が

認められています。

また、ホウ酸が人体に有害だと記載する

ものもありますが、ホウ酸は目薬や

サプリメントにも含まれており、

もし過剰に人体に入ったとしても、

尿によって排出されます。

RIMG9243

 

 

 

 

 

 

 

 

<断熱性>

夏は外部からの熱の進入を抑え、

冬は室内の熱を逃しません。

家の中の各部屋間の温度差を

少なくする事に貢献し、

「温度のバリアフリー」となり

快適な住環境を創り出します。

RIMG9232

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<防燃性>

難燃処理により、万が一の火災時にも

延焼を防ぎ、有毒ガスの発生もありません。

残念ながら火災時の死亡事故の原因は、

石油化学製品等が燃える事による

「一酸化炭素中毒」が主な原因です。

有毒ガスを発生しない材料だという事は

非常に重要な要素で、もしもの火災時にも、

充分避難する時間を稼ぐ事が出来ます。

cf-img-2

 

 

 

 

 

 

<防露・調湿性>

木質繊維のセルロースファイバーは

周囲の状態に応じて、空気中の水分を吸ったり

吐いたりしています。

この放吸湿性が、人間が生活するうえで

適度な湿度環境をもたらし、

お部屋の結露を防ぎます。

つまり自然の加・除湿機として機能します。

 

 

<防カビ性>

優れた放吸湿性の作用と撥水効果で、

カビや害虫・菌の発生を防ぎます。

 

 

<防音性>

日常生活の音、屋外からの騒音、

室内から屋外へ逃げるプライベート音を

和らげます。

ホームシアターやホームエンターテインメントの

可能性が広がります。

当社でも音楽教室やシアターなどの施工例があります。

 

 

 

<省エネルギー性>

断熱の知識を持つ専門の業者の責任施工により、

冷暖房の光熱費を大幅に節約いたします。

また、製造時のエネルギー、Co2排出量が他の

断熱材に比べて圧倒的に少なく、

発砲プラスティック系の断熱材に比べ

約1/100程度で製造でき、

地球温暖化にも貢献できます。

 

以上のように、セルロースファイバーは

優れた多機能断熱材なんです!!

 

 

◆セミナーのご案内

8/25(土)・9/29(土)の13:30~17:00

2ヶ月連続で

『家創りセミナー』を開催致します。

少人数制なので、聞きたいこと

色々聞けちゃいます!!

 

お子様連れ大歓迎なので、

お時間ある方はご参加下さい!!