紙クロス「オガファーザー」

(2022年04月05日)

皆さん、こんにちは。

昨日は寒かったですね~。

4月なので冬服は着ないようにしようと思って

いましたが、寒すぎてダウンコートを着ちゃいました。

気温差があると体調も崩しやすいので

皆さん、気を付けましょうね‼

 

さて、今日は自然素材の紙クロス

「オガファーザー」のご紹介です。

 

54-205A2485-a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンズキューボはビニールクロスが標準仕様ですが

注文住宅では紙クロス「オガファーザー」

を使うことが多いです。

 

 

オガファーザーは、ドイツで150年以上

使われ続けている紙と木で作られた

天然の壁紙です。

一度張ると張り替える必要がないので

ビニールクロスと違って、ゴミを生むことがありません‼

とってもエコな素材なんです。

 

ミヤケンでよく使っているのが

ウッドチップクロスです。

スモールとミックスの2種類の柄があります。

 

(スモール)

1

 

 

 

 

 

 

(ミックス)

2

 

 

 

 

 

 

基本的には、塗装用の下地壁紙として使うため

仕上げはリボス自然健康塗料の

「デュブロン」

で塗装をします。

この塗料は、塗り重ねが10回以上できる

メンテナンス性の高い素材なので

ビニールクロスと違って、汚れたら上塗りができます‼

また、部屋の模様替えや子供の成長に合わせて

お好みの色に塗り替えも可能です。

DIYが好きな方は自分で塗り替えができますよ~。

 

ミヤケンでは手の届く壁面は塗料を塗り

天井は素地のままで仕上げることが多いです。

OBさんの中には

「子供が小さいうちは汚れるので素地のままでいいです~」

なんておっしゃる方もいました。

 

我が家もオガファーザーを張っていますが

デュブロンを塗ると、塗り壁のような仕上がりになり、

木のチップは壁の陰影になって光が当たるとキレイです。

お気に入りの壁紙材です(^-^)

 

 

 

次回は特徴をまとめたものをご紹介します。