注文住宅と同じ断熱材です‼

(2022年09月16日)

ワンズキューボで採用する断熱材は、

当社の注文住宅でも使っている

夏涼しく、冬暖かな自然素材の断熱材

『セルロースファイバー』です‼

 

宮崎建設 セルロースファイバー

 

 

 

 

 

 

 

セルロースファイバーとは木質系繊維で、

原材料はなんと「新聞紙」です。

新聞を粉砕したものにホウ酸を加え、

セルロースファイバーという断熱材に

生まれ変わります。

 

セルロースファイバーは、様々な太さの繊維が

絡み合い空気の層を作ることはもちろん、

1本1本の繊維の中にも自然の空気胞が

存在しているのです。

この空気の存在がより一層、熱を伝えにくくします。

 

現在様々な断熱材、断熱工法がありますが、

一番大事なのは施工です‼

いくら性能の良い断熱材を使っても

施工が悪ければ、断熱材の素材そのものがもつ

性能(断熱効果)を発揮できません。

形が崩れたり、隙間があると

断熱欠損となり、熱が逃げたり、

結露が起こったりします。

 

 

だから、『断熱材は施工が命‼』なんです‼

セルロースファイバーの場合は

専門業者が施工してくれます。

当社がお願いしているところは、

内側に通気性のあるポリエステル不織布を緩みなく張り、

断熱欠損が生じないよう壁体内へ専用の機械で

吹き込んでいきます。

機械で吹き込むので手の届かない隅部の充填も

可能なんです!

 

 

 

RIMG9243

 

 

 

 

 

 

 

 

RIMG9232

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セルロースファイバーは

断熱性能以外にも

様々な特徴があるので

それはまた次回、改めてお届けします。

 

つづく…