アーカイブ:2021年

松戸市C様邸 フェンス施工③ (2021年08月18日)

皆様こんにちは!

フェンス施工第3弾です!

先日モルタルを入れて半分ほど固めた穴の中に

コンクリートを流しこんでいく作業です!

まずはコンクリートのミキサー車が到着~

RIMG0237

 

 

 

 

 

 

ここから手作業で「ねこ」と呼ばれる一輪車を使って運んでいきます!

RIMG0238

 

 

 

 

 

 

なぜ「ねこ」と呼ばれるのでしょうか?スギノハラサーチしてみました。

所説あるようですが一輪車は人が通れるところであれば通れるので狭い場所を通る猫をなぞって「猫車」と言われるようになりそれが短くなり「ねこ」になったみたいです。

あとは運んでいる時にタイヤがゴロゴロと音がして猫が鳴いているようなことからも言われているみたいです。建築業界の専門用語ってほんと独特だなと思います。

弊社社長のミヤザキも運びます!

RIMG0235

 

 

 

 

 

 

全部の穴に流し込んでコンクリート入れ完了です!

 

RIMG0236

 

 

 

 

 

 

1日寝かせていよいよフェンス柱を建てていきます!

 

ミヤケンまとめサイト<後悔しない高性能な家創れます!!> (2021年08月10日)

ミヤケンまとめサイト

定期的に上げております!!

現在は

「建築系ユーチューバー」

なる言葉も生まれて

建築業界でも動画での情報が増えておりますが

相変わらずの文字情報でお届けいたします!!😅

 

また

おそらく緊急事態宣言明けの9月

久々の「家創りセミナー」を開催致しますので

ご参加宜しくお願い致します!!

 

9/4

~はじめてでも失敗しない~
家創り 1stステップセミナー 開催!

 

 

********************

まとめサイト

 

 

 

 

 

私ミヤザキと

当社コーディネーターのオクムラとで

細々と地味~に続けているこのブログ

ホントにクダラナイ事を書いている時もあるのですが

基本的には

・最近の住宅建設の情報や事情

・家創りについて

・当社イベント情報

等をつらつらと書いているのですが

たまに

凄ーく良い事を書いている時があり

是非一度は読んで欲しい事が書いてあります

まとめたものを毎年冬場に

『暖かい家作れます!!』

と題してお送りしてきましたが

今後は

『ミヤケンまとめサイト<後悔しない高性能な家創れます!!>』

として

ちょくちょく更新していこうと思います!!

まぁ時期的に

「そろそろ家づくりを考え始めようかな~」

と考えている方が

お休みの暇な時にでも

読んで頂ければと思います!!

*******************************

↓以下、建物の耐震等級の事について話した動画


↓以下、一度は読んでおきたいブログ

「あたたかい家できます!」

「トリプルガラスサッシを標準とします!」

「依頼先で後悔するという事…」

「暖かい家体験会 終了!!」

「あったかい家を作るには?」

「夜の室内温度は?」

「カスタムバージョンはより暖かい。」<ワンズキューボ>

「リフォームで暖かく!!<エリア断熱>」

「なぜ「家創りセミナー」?」

「窓のこと…1」

「窓のこと…2」

「窓のこと…3 窓枠について」

「窓のこと…4 ガラス1」

「窓のこと…5 ガラス2」

「窓のこと…番外編」

「窓のこと…6 ガラス3」

「暖かい家…まとめ」

「良い家とは? 建物の性能について」

「宮崎建設のラインナップ」

「家創りで悩む人…」

「小さなエネルギーで豊に暮らせる住まいをつくる」

「安心なんでしょ?」

暖かい家体験会がどの程度暖かいのか?

冬・雪・寒い?

断熱材STEICO<シュタイコ>

基礎断熱<タイト・モールド工法>

気密測定!!

換気のこと…

『性能』にこだわるお客様

松戸市新築 気密測定!!

適性

ワンズキューボ ミヤケンオリジナル仕様

コロナ禍での化学物質過敏症

お申込みのタイミング

健康と快適さと…

健康と快適さと…その2

健康と快適さと…その3

健康と快適さと…その4

 

 

 

 

 

シュッ〆

 

 

 

 

 

松戸市C様邸 フェンス施工② (2021年08月10日)

皆様こんにちは!

前回のフェンスの施工第2弾です!

ここからは先日掘った穴にフェンス柱を差し込むために

ブロックを積んでいきます。

RIMG0200

 

 

 

 

 

 

これ置くだけに見えますがじつは重要な工程なんです。

このブロックの真ん中の穴にに柱を差し込むのでこのブロックが曲がっていたら・・・

フェンスも曲がってついてしまいます。

掘った穴も真っ平ではないので水平も見ていきます。なので寸法を測りながら慎重に置いていきます。

現場は気温が高く暑いですが取付している加藤さんも冷や汗かきながら置いていきます・・・

RIMG0212

 

 

 

 

 

RIMG0214

 

 

 

 

 

 

置き終わったらここにブロックを固定するモルタル(セメントと砂と水を混ぜたもの)を

流し込んでいき固めます。これは穴の半分まで入れます。

RIMG0227

 

 

 

 

 

RIMG0226

 

 

 

 

 

これが固まったら次は穴いっぱいまでコンクリートを流し込む作業を行っていきます!

 

手術!!<完全版> (2021年08月07日)

タイトル通り

「手術」のお話しです

4月に鼻の手術をし

その模様を

6月の当社ニュースレター「ゆたか」に書いたのですが

加筆・修正して

その完全版をお送り致します!!

ヒジョーーーに「痛い」描写もあるので

ダメな人は読み進めないようにお願いします🙇

最後にビフォーアフターの画像付きです👍

誰も望んでないかもしれませんが…

 

********************

 

さて、私4月12日に鼻の手術を受けました。

簡単に言ってしまうと、鼻づまりを改善するための手術です。

*正式な病名は

「鼻中隔湾曲症」と「肥厚性鼻炎」

アレルギー性鼻炎や花粉症の方は分かって頂けるでしょうが、

花粉症の時期って鼻の穴の中が腫れているようで、

鼻づまりになるんですよね。

私の場合はその腫れがひかずに、

年々鼻の穴の中を塞ぐようになってしまい、

常に詰まっている状態になってました…。

去年の夏くらいから、どうにもならなくなり、

(一番辛かったのは息苦しくて夜目が覚める・眠りが浅くなる事で大抵そういう時は悪い夢を見る…ので気分が落ちてくる)

色々調べていた所、結構よくある事らしく、

薬ではなく、物理的に手術で改善できる事、

通常は10日程度入院しなくちゃいけない事、

でも日帰り手術も可能な病院がある事など、

なんとなく色々分かってきました。

私は手術なんて今までしたことが無いので知識がなく、

「まぁ10日も会社休めないから、日帰りの病院を探すか…」と決め探しだしました、

今思えば、これが後悔の元なのですが…

 

さて、柏から近い所で六本木に対応してくれる病院がある事が分かりました。

確か秋口辺りに初めて病院に行ったところ、

コロナの影響もあったようですが、

なんと1年以上待つとの事で予約を入れる事になりましたが、

ちょうどキャンセルが出たようで、

それでも半年後だったのですが、4月に手術する事になりました。

手術前には説明を受け、文書でも内容を確認していましたが、

「まぁ命に関わる事もないし、なんとかなるだろ~」位の気持ちで構えていました。

周りの人やお客さんにも話してましたが、

「宮崎さん、どうせレーザーでちゅちゅってやって、すぐ終わっゃうんでしょ」なんて言われ、

私もその程度に考えてましたが、それはえらい間違いで…

 

手術は局所麻酔でやりました。

麻酔は注射ではなく、

ガーゼをこより状にしたものに麻酔薬を浸したものを鼻の穴の中に挿入するのですが、

長さが10cm以上ありそうなものを片方の鼻の穴に5本くらいづつ、

ぎゅうぎゅう?に隙間なく詰められました…

ぬるぬるしているので「にゅるっ」と入っていくのですが、なんとも気持ち悪い感じ…。

麻酔が効いた辺りで手術開始!

鼻の部分だけ穴が開いたビニールのようなものを顔にかぶされました。

それがあるので視界は利きませんが、耳はばっちり聞こえる状態。

お医者さんと話しながらスタートしました。当然ながら胸はドキドキです!

私の全神経は鼻と耳に集中!!

麻酔をしているのでそんなに痛くないのですが、

ハサミの様なもので刺されるチクチクとした鈍い痛みがします。

両方の鼻の穴を手術するのですが、施術は左鼻から行うとの事で、

これまた全神経が左の鼻の穴へ集中!!

チクチクするだで、切ったり削ったりという感覚は無いのですが、

しばらくして先生が

「う~ん、う~ん」

と唸りだし

「固いな…」

との一言、

さて、ここからが地獄の始まりです…。

両鼻の穴の間に仕切りがありますが、

そこの骨?軟骨?のような部分をペンチのようなものでギリギリと掴まれる感触が…、

親知らずや歯を抜いた事がある人は分かるかもしれませんが、

あの感触です…

骨がミシミシと音を立ててるのが分かります…。

『ああっ、、、しんどいな、、、』(精神的に)

と思っていたらまた先生が

「う~ん」と唸りだし、事もあろうに…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ノミ持って来て!」

と一言。

「ひいえぇぇ~~~~~」

先生、今なんと言いましたか?

私の認識が確かなら、

ノミとは木とかを削る道具で、人体に使うものでは無いですよ?

意味分かってらっしゃる?(セイラさん風に)

と動転していた所、どうやらノミ登場、

左の鼻の穴から頭蓋骨全体に「ガチン、ガチン」という金属音と共に、

「ズン、ズン」っと鈍い振動が伝わります…。

どうやら助手の方がやってるらしく、先生より的確なアドバイス。

「そんなんじゃダメだよ!もっと端っこ持って、スナップ利かせて!」と…。

って先生、野球じゃないんだから…。

「背筋が凍る」「肝が冷える」とはまさにこの事。

自分では見えませんが、

はたから見ればやってる事はB級ホラー映画ですよ?

マッドサイエンティストがやってるやつですよ…。

(;´д`)トホホ…。

 

 

 

…さて、

思い返せば手術の説明書きに

「…フリーになった軟骨と骨をノミで落としていき、くり抜きます。一度取り出した軟骨や骨はまっすぐに整形した後に再度戻します。」と書いてありました…。

読んでた時はピンときてなかったけどこういう事だったのね…。

神様ごめんなさい、手術をなめてました…。

 

 

 

<ここからが加筆分>

なんやかんやで手術は終了!

実際の時間は1時間半くらいだったのですが

私には20分くらいの感覚でした…

この違いは

極限の集中力によるものでしょうか?

術後は日帰り手術の為

1時間ほど安静にしておりましたが

その後は服を着替えてフツーに病院を出ました

ただし

両鼻の穴には鼻の奥まで通じる10cm位の長さのガーゼがみっちり詰まっており

キン肉マンのような団子っ鼻

鼻呼吸が出来ず口での呼吸で

この時ばかりは

コロナ禍で皆マスクしてて良かった…

と内心ホッとしてました

 

病院を出た時はまだ麻酔が効いていたのかなんなのか

手術をしたとは思えないほど

いたってフツーの感覚

処方箋が出ていたので指示された薬局へ行き

そこで初めて

「スゲー喉が渇いてる」事に気づき

備え付けのウォーターサーバーで水をのみ

『せっかく六本木まで来てまだ明るい時間だから…』と

完全に田舎者で

六本木ヒルズや国立新美術館なんかを1時間くらい散歩がてら見て回りました

 

手術自体は日帰り体制ですが

病院より

「手術の当日は病院より1時間圏内にいて下さい」(ホテルに泊まれという事)

なので

なんと都合の良い事に病院の目の前がアパホテルだったので

ホテルに戻った辺りで

『なんだかボーッとしてきたな』

と思ったら

体温計が無いので詳しい事は分かりませんが

相当の熱と頭痛

そして口呼吸による喉の渇き

そして

鼻からの出血

(これは予想されていた事なので事前にガーゼとピンセットを渡されてました)

 

夜8時頃食事を取ろうと外に出ましたが

丁度この時

東京で緊急事態宣言が出ていて

8時以降の飲食禁止とやらでどこも店が閉まっており

せっかく六本木にいるのに

某牛丼チェーンでのテイクアウト

(まぁ血が出ているのでどうせ外で食べられなかったのですが)

鼻が詰まっているので全く味がしない状態

これが正直キツカッタ…

お酒も飲めないし…(これは当たり前か…)

こんな状態が2日ほど続きましたので

この時は

『日帰りじゃなく入院にしとけば良かった…』と痛感した時でした

 

翌日は資源ゴミの日だったので

あさ7時前にはホテルを出ましたが

後から思えば

部屋のゴミ箱は血だらけのガーゼでいっぱいで…

掃除の人は

「ここにはどんな人が泊ってたんだ?」と思われただろうな~

 

さて

経過観察でその後2カ月は通院しましたが

現在はいたって快調です!!

鼻は両方とも「スースー」です!!

手術をして良かったと心の底から思ってます!!

まぁ

歳も歳なので

然るべきメンテナンスだったかもしれませんね!

 

ではここでビフォーアフターです!!

鼻づまりでお困りの方は

是非私にご相談下さい!!ドゾヨロシク

 

 

 

 

 

ビフォー

曲がってる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフター

スッキリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シュッ〆

 

 

 

 

 

夏季休業のお知らせ (2021年08月07日)

 

誠に勝手ながら、

下記の期間は夏季休業とさせていただきます。

期間中はご不便をおかけいたしますが、

何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

    【夏季休業期間】

8月11日(水)~8月16日(月)

8月17日(火)より通常営業致します

尚、休業期間中の

お問合せフォーム等の返事は、

8月17日(火)より順次対応致します。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

S__44564495

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松戸市C様邸 フェンス施工 (2021年08月04日)

皆様こんにちは!
今回は松戸市C様邸で行ったフェンスの施工を紹介していきます!

今回のフェンスは長さ10Mのフェンスをつけていきます。

まずはフェンスの板を取り付ける柱を埋める穴掘りからです。
50cm×50cmの写真のような穴を11ヶ所掘っていきます・・・

RIMG0202

 

オラオラオラオラオラオラァ!みたいな感じで掘ってます(笑)

RIMG0191

 

 

 

 

 

 

これ手作業で掘りました。私も6ヶ所ほど掘りましたが
大変でしたが私にとってはいい運動になりました!

ちなみに11ヶ所穴掘るとだいたいこのぐらいの土が出てきます。

この山になっているの全て掘って出てきたものです!
すごいですよね。

RIMG0242

 

 

 

 

 

 

ここから柱を立てるためのブロック積みを穴の中に行っていきます~

次回をお楽しみに~

新入社員です! (2021年07月27日)

写真1

 

こんにちは。初めまして。この度正社員として入社しました、

杉之原大輝と申します。皆さん、宜しくお願い致します。

ここで、自己紹介をさせていただきます。

 

名前 杉之原 大輝 (すぎのはら たいき)

年齢 28歳

出身地 北海道札幌市(現在は柏市在住です)

好きな食べ物 ラーメン(いろいろと食べ回ってます!家系が好きです!)、チャーハン、杏仁豆腐

嫌いな食べ物 トマト(味と食感が苦手です…)焼いたレバー

 

【趣味】

バイクに乗ること(カワサキのエストレヤという単気筒の250ccに乗ってます!)

漫画を読むこと(最近は炎炎の消防隊というものにハマってます!)

プラモデルを作ること(主にガンダム系とかです!)

DIY(最近はベットフレームを作成しました!)

 

【マイブーム】

サウナ

銭湯でサウナに入ることが最近のマイブームです。昔の自分だったら「暑くてこんな空間無理だ~」なんて思ってたのですがあの空間に入った後の水風呂がもうとにかく最高なんです!すごく冷たいですけどね(笑)。その後ボケーっとしてると徐々に身体がザワザワし始めてくるのです…これが「ととのう」ってことなのでしょうか、今では10分3セットを繰り返して完璧にととのってます!そのあとビール飲んじゃうのですがこれが身体にとってプラスになっているのかマイナスなのか最近悩みです(笑)

 

性格

涙もろくて頑固者だと思います。

最近だと日曜9時からやっていたドラゴン桜見ていましたが先日の最終回ボロ泣きしてしまいました…やはり見ていると感情移入しちゃうものですね。アニメとか見ても感動シーンあるとうるっと来てしまいます。

頑固者の面としては買い物等で友人に「こっちのほうが安いし物も良いよ」と言われても自分の中で欲しいメーカーやこだわりが強いことがあるのでその時は話を聞いても違うものを買うということがあります。友人には都度「頑固だな~」なんて言われます(笑)

 

自己紹介はこの辺にして…

私は以前、住宅設備機器(LIXILやTOTO等のキッチンやユニットバス、トイレ等)を工務店様、建設会社様に販売する営業会社に勤めていました。宮崎建設もお客様としてお取引させていただいていました。以前から「宮崎建設さんの創る家はかっこいいし性能もいいからいいな~」と思っており、転職を考えていた矢先に宮崎社長に声をかけていただき、私も本格的に建築の道に進んでみたいと思い、入社させていただくことになりました。

まずは一人前になれるよう日々頑張ります。宜しくお願い致します。

松戸市ワンズキューボ C様邸 完了検査 (2021年07月23日)

C様邸の工事が終わったので

完了検査を受けました。

 

RIMG0064

 

 

 

 

 

 

RIMG0078

 

 

 

 

 

 

完了検査とは、

建築工事が完了した後に行われる検査で、

建築確認を受けた図面の通りに施工されているか

などについて検査を行います。

完了検査に合格することで検査済証の交付を受けられ、

建物を使用できるようになります。

 

今回は、お施主様も立ち会い、

検査員と一緒に説明を受けながら

確認していきます。

建物まわり、内部を見てまわり、

図面通りに施工されているかを確認し、

無事合格判定をいただきました‼

 

 

 

恒例の写真撮影も終了し、

お引渡しとなります。

IMG_5803

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影していただいた

写真です。

イエフォトさんが撮ってくれる写真が

とても素敵なんですよ♡

 

20210720 (1)

 

 

 

 

 

 

 

20210720 (13)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20210720 (18)

 

 

 

 

 

 

 

20210720 (35)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20210720 (41)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康と快適さと その4 (2021年07月13日)

 

 

無垢床

 

 

 

 

 

 

さて

この数ヶ月

更新頻度が落ちておりましたが

鼻血が出るほど忙しい日々でした…

(現在新築のプロジェクトが重なっております)

ですが何とか

峠は越えましたので

これからも頑張ります!!

 

さて

前回から日が空いてしまいました

「健康と快適さと」

も今回で終了!!

忘れた方はこちらを↓

健康と快適さと その1

健康と快適さと その2

健康と快適さと その3

 

さて

こちらがその4です!!

今回も

当社ニュースレター「ゆたか」の内容を

再編集してお届けします

********************

さて「床18℃問題」です。

先月の話しを要約すると

「冬のお部屋の推奨温度は21℃、18℃が最低基準でこれを下回ると健康リスクが生じる可能性がある。この認識が世界の先端を行く基準。日本の住宅もこれに近づけて行かなければならない」

というこのなんですが、これに対する私の考えは、

確かに私の経験上室温21℃は快適。

その状態だと当社の建物の床の表面温度は20~21℃で、

おそらく100%に限りなく近い人が快適な空間になるのが「理屈」です。

しかし、実際の住宅環境では、日の当たる部屋(LDK等)とほとんど日の当たらない空間(廊下・トイレ等)があり、

家中どこでも快適な空間にするには日の当たらない空間を基準にするため、そこの室温を21℃にする事になると、

日の当たる部屋は22~24℃の室温になり、

エネルギーの無駄遣い、

今度はオーバーヒートで暑く感じてしまう人が出てしまうというこのジレンマ。

「たかが1℃がもの凄く大きな違い」私からすると「悩める室温21℃」問題です。
さあ、4回目なので私なりの現時点での結論を述べて行きますが、

まずは初級編、

一番簡単な解決方法は着衣等で工夫して頂くのが一番です!

当社で新築したお客様は、極力設備機器に頼らず、

生活の工夫で上手に生活されている方も多いですが、

まずは着衣量の調節。

寒ければ一枚羽織って頂く、

スリッパを履く、

床にラグ(絨毯)等を敷く、

靴下重ね履き等、

暖房機器のスイッチを付ける前に出来る事は結構あると思います。

逆に暑いと感じる方は服を脱いでTシャツ等で過ごして下さい。

もしムッとするような感じがするならば24時間換気の風量を調整するのも良いかもしれません。

寒がり暑がりは家族単位で分かれている訳ではなく、家族の中でもそれぞれ感じ方が違い共存してますので、

他の家族との関係で「暑けりゃ窓を開けろ」とは言いませんが、

暑い空気は上へ上へと動きますので、

2階の高い位置にある窓を少し開けておくだけでも微妙な調節ができます。

他にもそれぞれのお宅で工夫できる事があるかもしれません。

そういうアイデアを皆さんのお宅に伺った時にでも教えて下さいね!!

次は上級編というかこちらが今回の真の回答。

建築技術的に解決していきます。

うちの建物は

「冬でも天気の良い日は室温20~22℃になります」が

「天気の悪い日が続けば室温が18℃を切り16℃位になる」

という事は私もデータを取得し承知しております。

その際の対処の方法として、「健康と快適さと その1」で解説しておりますが、

現時点では断熱・気密性能の向上という建築的性能向上で解決するよりは、

設備機器に頼った方が経済的です。(技術者として悔しい思いはありますが…)

現在、一部の高性能住宅を手掛ける建築業界では、

「全館空調」が流行しております。

そのキッカケは、俳優の斎藤工さんのCMでもおなじみ「Z空調」とか。

それまではヒノキヤグループ専用の全館空調システムでしたが、

それを比較的安価で一般にオープン化した事もその一つですが、

そりゃ全館空調は快適です。

家中の温度ムラも比較的小さく、一年中快適ですが、

やはり初期投資で150万円から高価なものだと300万円。

ランニングの電気代もそこそこ掛かります。

まぁ、快適ではありますが…これはまだまだ予算に余裕がある方向き、

設備機器好き向けの人の商品ではあります。

それでは他に方法があるのか?

もちろん、

予算的・技術的にそんな難しい事は関係なく、

冬場寒ければ暖房を付ければ良いだけの話しなのですが、

今回の問題の出発点は「床18℃問題」

そうです、

足が冷たいのをなんとかしたいのです!!

「なんだ~宮崎さん4回も引っ張っといて結局床暖付けちゃうんでしょ?」

と思われるかもしれませんが、

今後新築をする上で

(リフォームはそれぞれ事情があるのでまた別な話です)

床暖は私は今までもこれからもお勧めはしません。

ガス式と電気式がありますが、

ガス式は10年程度で壊れる可能性大だし、

電気式は比較的メンテは掛かりませんが、

ランニングの電気代がバカになりません。

ではどうするのか?

 

いくつか解決法のオプションはあるのですが、

うちの建物との相性が良く、

現在の所一番現実的なのが

「床下エアコン暖房」というもの。

エアコンは普通壁の上の方、天井付近に設置しますが、

その名の通り床に近い位置もしくは、

床下(基礎の中)にエアコンを仕込み床暖房の様な事をさせるもので、

技術的にはそんなに目新しいものではなく、

イニシャルやランニングコストも比較的安価で、

費用もエネルギーも他の「全館空調」と呼ばれるものに比べ

圧倒的・決定的に掛からず、システムもシンプルなものです。

もちろん、

やるに当たっては幾つか問題・壁にぶつかるでしょうが、

床18℃問題解決の為、取り組んでみようと思います。

進捗がありましたらまた「ゆたか」でご報告いたします。

新たなチャレンジ、次のステップへ進みます!!

 

 

 

 

 

シュッ〆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松戸市ワンズキューボ C様邸 外壁工事 (2021年07月12日)

 

外壁材も張り終えました‼

 

P1100746

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、

屋根同様、壁にも「遮熱・透湿防水シート」を張ります。

『遮熱』っていうところがミヤケンこだわりの部分です‼

IMGP6850

 

 

 

 

 

 

従来の「雨水の侵入を防ぎながら湿気は通す」シートに

「遮熱機能」をプラスしたものです。

 

使っているシートはフクビの「遮熱エアテックスR」。

syanetsu_R.indd

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遮熱・透湿防水シートを張り終えたら、

その上に通気胴縁という木材を施工します。

IMGP6933

 

 

 

 

 

 

外壁の仕上げ材を施工する際の「下地」としての役割と

外壁の「通気層を確保する」とても大切な役割があります。

 

 

最後に
サイディングを張って終わりです。

IMGP7263

 

 

 

 

 

 

 

P1100746

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足場が外れました。

 

 

 

細かい作業は残っていますが、

中では着々と仕上げ工事が進んでおります。

あとはクリーニングをして終了です。