アーカイブ:2021年

松戸市ワンズキューボ C様邸 内部工事 (2021年07月06日)

内部工事もいよいよ終わりに近づいています。

 

【ユニットバス施工】

IMGP6902

 

 

 

 

 

 

IMGP7024

 

 

 

 

 

 

IMGP7035

 

 

 

 

 

 

IMGP7036

 

 

 

 

 

 

IMGP7038

 

 

 

 

 

 

IMGP7052

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMGP7054

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【石膏ボード張り】

間仕切りの施工も終わったので

石膏ボードを張っていきます。

 

IMGP7233

 

 

 

 

 

 

IMGP7235

 

 

 

 

 

 

IMGP7270

 

 

 

 

 

 

IMGP7284

 

 

 

 

 

 

IMGP7333

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【階段施工】

IMGP7200

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMGP7221

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMGP7241

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【キッチン施工】

IMGP7344

 

 

 

 

 

 

IMGP7345

 

 

 

 

 

 

IMGP7346

 

 

 

 

 

 

IMGP7375

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松戸市ワンズキューボ C様邸 セルロースファイバー施工 (2021年06月30日)

次は断熱材の施工です。

ミヤケンでは「セルロースファイバー」という断熱材を

使用しております。

 

IMGP6970

 

 

 

 

 

 

 

このセルロースファイバーは

未出荷となった新聞紙に

ホウ酸を混ぜてできた

自然素材で調湿性のある断熱材です。

 

ホウ酸を混ぜているので

防虫・防火性に優れています。

その他に、二次的効果として

防音効果があります。

防音効果のある断熱材は

セルロースファイバーだけなんですよ‼

 

 

外壁内部にセルロースファイバーを充填するので

大工さんや電気屋さんは、外部に面するところから

先に施工していきます。

IMGP6877

 

 

 

 

 

 

IMGP6883

 

 

 

 

 

 

下地や換気口、電気の配線等が終わると、

断熱屋さんの出番です。

 

このようにシートを張り、

IMGP6916

 

 

 

 

 

 

ポンプで圧送して隙間なく吹き込みます。

IMGP6975

 

 

 

 

 

 

 

IMGP6971

 

 

 

 

 

 

 

 

IMGP6982

 

 

 

 

 

 

 

 

触ってみると、パンパン‼

伝わらないのが残念です。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松戸市ワンズキューボ C様邸 躯体検査 (2021年06月25日)

内外部木工事が始まり、

大工さんの作業は順調に進んでおります。

 

筋違いや耐力壁、金物の設置が終わると

第三者機関による躯体検査が行われます。

検査員が、構造、柱、筋違い、金物等

きちんと施工されているか厳しくチェックしていきます。

 

 

IMGP6819

 

 

 

 

 

 

IMGP6822

 

 

 

 

 

 

不備があればその場で指摘をされますが

何もなく、今回も無事合格しました\(^o^)/

 

良かったです(^-^)

 

 

松戸市ワンズキューボ C様邸 建方 (2021年06月16日)

5月上旬、ワンズキューボの

建方・上棟式を行いました。

IMGP6790

 

 

 

 

 

 

天気もよく、蒸し暑い中での作業。

 倒れないように途中こまめに休憩を取りながら

作業を進めていきました。

お互いの様子を見ながら手際よく作業を行い

棟を上げていきます。

IMGP6726

 

 

 

 

 

 

IMGP6729

 

 

 

 

 

 

IMGP6736

 

 

 

 

 

 

IMGP6738

 

 

 

 

 

 

IMGP6740

 

 

 

 

 

 

IMGP6741

 

 

 

 

 

 

IMGP6743

 

 

 

 

 

 

P1100671

 

 

 

 

 

 

 

 

IMGP6746

 

 

 

 

 

 

IMGP6761

 

 

 

 

 

 

IMGP6762

 

 

 

 

 

 

IMGP6786

 

 

 

 

 

 

 

 

順調に進み、野地板を張り

遮熱シートの施工まで無事に終えることができました。

 

P1100677

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上棟すると、「家を建てている‼」

という実感が一気に沸いてきますね~(^-^)

完成が楽しみです‼

 

お引き渡しに向け、安全第一で施工します‼

 

 

 

 

 

 

 

 

松戸市ワンズキューボ C様邸 基礎工事③ (2021年06月08日)

さて、型枠が外れたら

床下部分に給水・給湯・排水の

先行配管をおこないます。

点検やメンテナンスがしやすいように

基礎の上に配管を設置していきます。

23

 

 

 

 

 

 

12

 

 

 

 

 

 

次は土台設置です。

基礎の上に通気部材の基礎パッキンを敷き

その上に土台を設置していきます。

13

 

 

 

 

 

 

15

 

 

 

 

 

 

16

 

 

 

 

 

 

17

 

 

 

 

 

 

19

 

 

 

 

 

 

20

 

 

 

 

 

 

断熱材を大引間に充填していきます。

隙間なく充填されることで

断熱材の性能を発揮します。

最後に気密テープを貼り

しっかりと気密性を確保し

床合板を敷いたら終了です。

 

足場を架け、いよいよ建て方となります。

IMGP6713

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南柏の「ラザニアバー (LASAGNA BAR)」へ (2021年06月07日)

皆さんこんにちは。

こちらも先月のことですが…

5月16日放送の

「モヤモヤさまぁ~ず2 柏周辺ブラブラ」

見ましたか?

ウチの社長は長年の「モヤさま」ファンで

毎回見ているそうです。

そしたらなんと…

大好きなラザニアが食べれるお店が

紹介されていたらしく

こんな近くにラザニア専門店がある~~\(^o^)/

と感激したそうです(笑)

ラザニア専門店ってあまり見ないですから

ラザニア好きにはたまりませんね(笑)

 

これは行くしかない‼ということで

早速、紹介されたお店

「ラザニアバー(LASAGNA BAR)」

へランチを食べに行ってきました~\(^o^)/

 

イタリア出身のシェフと日本人の奥様

二人で経営されているお店です。

店内も可愛かったですよ~。

IMG_5680

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5681

 

 

 

 

 

 

 

 

放送してすぐだったので混んでいましたが

なんとか座ることが出来ました。

 

残念なことに6種類のメニューのうち

【A】【B】【D】の3種類が売り切れ…

食べたかったやつだ~(´;ω;`)ウッ…

IMG_5717

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤザキはオーソドックスな「ボロネーゼソースとチーズ」

が食べたかったようですが無いので【E】ランチ。

私は【C】ランチを注文しました。

 

IMG_5716

 

 

 

 

 

 

IMG_5683

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラザニアはボリュームがあり

生地はもっちりしていてとっても美味しかったです(^-^)

カブのスープも美味しかったですよ~。

IMG_5682

 

 

 

 

 

 

 

 

次は予約して行きたいと思います‼

おススメですよ~(^-^)

 

 

 

 

松戸市ワンズキューボ C様邸 基礎工事② (2021年06月03日)

時間が経ってしまいましたが

基礎工事の続きからです。

さて、

配筋検査が無事合格したら

ベタ基礎コンクリート打設です。

その前に水道屋さんが

給排水の配管等を取り付けます。

作業が終わると

ベース部分と立ち上がり部分の

コンクリート打設開始です。

1

 

 

 

 

 

 

2-1

 

 

 

 

 

2-2

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

ワンズキューボ仕様のため

ベタ基礎2回打ちとなります。

4

 

 

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

 

 

7

 

 

 

 

 

 

9

 

 

 

 

 

 

 

養生期間を置いた後、型枠を取り外します。

10

 

 

 

 

 

 

つづく…

 

 

 

 

NKハウジングさんのモデルハウスへ (2021年06月02日)

少し時間が空いてしまいましたが

5月上旬にNKハウジング株式会社の社長様のご厚意で

つくば市にあるワンズキューボのモデルハウスを

見学させていただきました(^-^)

IMGP6725

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5644

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここのモデルハウスでは全館空調を採用しており

同じワンズキューボでも会社さんによって

仕様もこだわりも違うので

私たちもとても参考になりました。

 

案内してくださった女性のアドバイザーさんは

入社したばかりとは思えないくらい、知識が豊富で

丁寧に色々と教えていただきました(^-^)

貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。

 

見学後は、おすすめのイタリアンのお店

「コルヌ コピア (Cornu copia)」

で一緒にランチをしました。

IMG_5655

 

 

 

 

 

 

 

人気のお店で、自家製の生パスタがすごく美味しいとのこと。

パスタの他にスパイスカレーやデザートがあり

ミヤザキは人気の生パスタを

私はスパイスカレーを注文し

食後にティラミスをいただきました。

IMG_5650

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5651

 

 

 

 

 

 

 

とっても美味しかったです‼‼

 

なかなか他の会社さんの建物を見る機会がないので

とても貴重な時間でした。

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

健康と快適さと その3 (2021年05月27日)

pino_vi

 

 

 

 

 

 

今年は例年より

梅雨が早く来そうですね

こういう時に限って外仕事が続くんですよね…

雨が降るのは大切な事なのですが

あんまり続くと困る業種もあるもので…

 

そして私

現在施工中も含めて

6件の新築工事のプロジェクトが進行中

大変ありがたい事なのですが

過労で鼻血が出そうです…

まぁ

全てのプラン提出が終わったので

ひと段落付きましたが

もし

新築のご依頼をお考えの方は

早めに言って頂けると非常に助かります🙇

 

さて

間が空いてしまいましたが

「健康と快適さと」の続き

ニュースレター版を再編集してお届けします!!

 

********************

さて

「健康と快適さと」のテーマも3回目

起承転結で言えば「転」にあたるので

少し違う角度からのお話を

今までは「床18℃問題」

つまり「床」の温度の話しをしてきましたが

今月は「室温が18℃」のお話しをします

私は2月からこのテーマでお話しを展開しておりましたが

私のパッシブデザインの師であり

当社が加盟している「Forward to 1985 energy life」

代表理事でもある「野池政宏」さんが

ちょうどタイミングが良く

『「冬の室温目標18℃以上」の詳細を追いかける』

というレポートを発表しましたので

そちらの内容を織り交ぜてお伝えします
我々のように「室内環境を快適にしよう!」と頑張っている建築士の間では

「日本は住宅環境(快適さ)に関する法制度に関しては後進国」

その点はやはり欧米の方が進んでいるという認識で

その中でもイギリス等が先陣を切っていて

イギリスの場合

英国保健省が冬季の推奨室温を定めており

その推奨温度は21℃以上最低温度を18℃と定め

賃貸住宅においては室温を18℃以上に保てない場合

改修・閉鎖・解体といった厳しい命令を下すこともできるそうです

そこで日本の有識者?建築業界関係者の間では

「18℃」という数字が一人歩きし

「室温18℃を切る家はダメな家だ!」みたいな

少々乱暴な風潮がここ数年出始めていました

私はアホなので

「ああ、そうなんだなぁ~」くらいにしか思っていませんでしたが

ここで我が師匠野池さんにある疑問が湧いてきたそうです

その疑問とは

・一瞬でも18℃を切ったらダメなのか?

・18℃は居室(人が常時居る部屋)だけの話しかそれとも非居室(廊下等)でも18℃以上なのか?

との事でした

「暖かい家」が増える事は単純に良い事ではありますが

ここでなぜ我が師が疑問に思ったのかというと

正論としてはまず

住宅の断熱性能を高めて

それでも足りなければ暖房機器に頼るというのが筋なのですが

「18℃以下の家はダメだ」という言葉が一人歩きすると

断熱性能はさておき

真っ先に設備機器に頼る事になり

暖房エネルギー消費量が大幅に増える可能性があるからとの事

(これ私の解釈です間違ってたらごめんなさい🙇)

注1、Forward to 1985 energy lifeという団体はざっくり言うと住宅のエネルギー消費量を減らしていこうという集まりです

注2、イギリスでも目標達成のためには暖房機器の使用は前提です

さすが師匠!ごもっともです

野池さんの凄い所は疑問を持つだけに留まらず

この疑問を元にWHO(世界保健機関)のレポートを調べ

そこに参照として紹介されている50本程の論文から10本程ピックアップし

検索→和訳を繰り返し

一つの結論に至ったそうです

本来A4数枚のレポートなのですが

野池さんすみません

バッサリ内容は削って結論だけを記載すると

(気になる方は是非出典元の野池さんのページを見て下さい)

(文末にリンク等を貼っておきます!)

『まず間違いなく部屋は「居室」18℃以上は「およそ」が結論だ』

(野池さんの解釈です)との事でした

そして最後に

『「居室の室温は約21℃維持を推奨する。約18℃以下になれば健康リスクが出る可能性が高い」と言っているということがよくわかった。現時点において我々が取るべき適切なスタンスも上記目標を達成出来るように「努力しよう」だろう。「すべての部屋のすべての時間を18℃未満にすることは悪だ」というようなムードを加速させるような言動は避けておきたい。』

と結んでおりました。

私の感想として

「意識を変えないといけないかな~」と思ったのは

『「室温18℃はあったかいでしょ」ではなく「室温が18℃以下になれば健康リスクが出る可能性が高い」』という事

快適うんぬんではなく

健康を害する可能性があるという事を理解しなければならないとの事

住宅設計者は「エネルギーや環境問題従事者」であり

「医療従事者」としての意識も持たなければならないという事なんですね…

正直荷が重いですが頑張らねばなりません

一級建築士だもの…

 

さて

ここで「床18℃問題」に戻ります

経験則ではありますが

うちの最新の建物は冬場天気の良い日

居室で床の温度は室温と同じか-1℃程度

室温20℃の時床の温度は19~20℃となります

これはおそらく多くの人が快適と感じるはずです

非居室(1階)は同じ条件で

室温18℃で床の温度は17~18℃ですので不快と思う人が出てくる

つまり非居室の温度も20℃に出来れば家中どこでも快適になるのですが

非居室を20℃にすると居室の室温は22℃程度となり

おそらく今度は逆にオーバーヒート状態

つまり冬でも「暑くて不快だ」と思う人が出てくると思います

私の中では「床18℃問題」を解消するには

「当面は設備機器に頼った方がコストパフォーマンスが良い」

という結論が出ており

あとはどれだけ少ないエネルギーで達成できるか?

を考えれば良いのですが

もしかすると今度は暑くて不快な人を出すリスクをはらんでおります…

この問題の解決を図ると

もしかしたら無駄なエネルギー使用を創出してしまうだけなのか…?

是非是非

皆さんのご意見をお待ちしております!!
*野池さんのレポートの詳細をご覧になりたい方は下記HPの「005」と「006」をご覧下さい

出典:温熱・省エネをテーマとした野池の議論(住まいと環境社ホームページ内)

http://www15.plala.or.jp/noike/index.html

 

*この話次回でラストです

 

 

 

 

 

シュッ〆

 

 

 

 

 

GW休業のお知らせ (2021年04月30日)

 

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

誠に勝手ながら下記の日程でゴールデンウィーク休業とさせていただきます。

 

5月2日(日)~5月5日(水)

 

5月6日(木)より通常営業致します。

 

尚、休業期間中のお問合せフォーム等の返事は、

5月6日(木)以降となります。

皆様には、何かとご不便をおかけしますが、

何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。